電子ブレーカーの選び方や浄水器の価格|快適な省エネ生活

漏電した際の連絡先

工具

住宅等に使用される安全装置に、電化製品による火災や事故を防止する装置の一つとして漏電ブレーカーと呼ばれるものがあります。この漏電ブレーカーは電力供給を行う際に漏電している電化製品等を感知することが可能で、そういった電化製品を感知した際には電力供給を遮断します。漏電ブレーカーが作動した際には漏電している電化製品を特定し修理する必要があるでしょう。
漏電している電化製品を特定し修理するためには、まず自身の利用している一般電気事業者へ連絡します。一般電気事業者へ連絡すると、その後に作業員が修理・点検を行うために訪れます。この時に訪れる作業員は一般電気事業者からの作業員もしくは委託された業者の作業員で、家に上げる前にはネームプレート等を確認して本当に作業員かどうか確認しましょう。その理由として、近年そういった作業員を装った詐欺が発生しているという点が挙げられます。しっかりと本当の作業員か確認した後に電化製品の特定と修理をお願いしましょう。電化製品等が漏電してしまう原因の多くは水濡れによるものといわれています。水濡れというのは結露とうで発生した水滴でも発生してしまうため、冬場等の外気温と内気温に大きな差が生まれる時期には注意が必要です。特に冷蔵庫や洗濯機といった電化製品は水漏による漏電が比較的に発生しやすいため、しばしば点検する必要があるでしょう。また、コンセント周りに埃が溜まっている場合にも漏電や火災の原因となるので日頃からそういった箇所の掃除を行うようにする必要があります。